日本入国ビザ

令和5年4月5日

ビザ申請に関するお知らせ

【重要】ビザ申請手続

 ・一般パスポートを持つベトナム人が日本に入国するには、ビザ(査証)が必要です
当館は令和5年3月27日(月)より、在留資格証明書に基づく査証、外交・公用及び緊急人道案件を取り扱います。短期滞在などの査証は、在ベトナム日本国大使館にて申請を行ってください。
当館の管轄地域は、ダナン市、クアンビン省、クアンチ省、トゥアティエン=フエ省、クアンナム省、クアンガイ省、ビンディン省、コントゥム省、ザーライ省になります。
ハティン省以北にお住まいの方は在ベトナム日本国大使館、ダクラク省・フーイエン省以南にお住まいの方は、在ホーチミン日本国総領事館で申請してください。 

1.はじめに

(1) ビザの申請手続
ア 申請から交付までの流れ [ 就労・長期滞在 ]
  • ビザは、入国日の3か月前から申請することができます。
イ 注意事項 (ビザの種類・見方・発給基準等)

ウ 提出書類の書式

エ 手数料一覧

オ 申請窓口
      当館指定の代理申請機関    

(※注) 令和4年10月11日午前0時(日本時間)より、査証免除措置が再開されます。また、APEC・ビジネス・トラベル・カードの査証免除についても再開されます。
             詳しくは、5 査証免除措置の停止をご覧ください。(NEW)

(※注) 水際対策下において効力が停止されていた査証の、効力の停止が解除されることになりました。詳しくは、4 既に発給された査証の効力停止をご覧ください。(NEW)
  • 案件によっては、結果の通知までに数週間以上を要する場合がありますので、時間的な余裕を持って申請してください。人命に関わる人道案件を除き、ビザの早期発給には応じかねます。  
  • 多数の方からの申請が予想される中、発給可能数に上限があるため、結果が通知されるまでの標準処理期間は設定していません。
  • 発給までには相応の時間を要することが予想され、早期発給依頼や結果が通知される時期などに関する個別の照会には一切対応できません。
(2) 必要書類
       渡航目的やビザの有効回数(一次・二次・数次)によって、提出すべき書類が異なります。下表のリンクをクリックして、詳細を御確認ください。
 
渡航目的 一次・二次ビザ
(シングル・ダブル)
数次ビザ
(マルチ)
長期滞在
 (在留資格認定証明書が必要)
 

2. お問合せ先

ビザの申請手続に関する一般的な御質問は、以下で承っております。
申請受理後のお問合せは、「3.申請窓口」にお願いいたします。ただし、ビザの交付予定日や拒否の理由等については、お答えできかねます。あらかじめ御了承ください。

・ 訪日外国人ビザホットライン(ベトナム語専用)
  電話番号:+84 28 4458 2397
  通話可能時間:月曜日~金曜日 午前8:30~午後5:15
  WebRTC(英語、ベトナム語、ロジア語、ウクライナ語)
    https://comm.brdg.site/visa_japan.html
・ 外務本省ビザ・インフォメーション・サービス
  サービス内容等の御利用案内はこちら
  電話番号0570-011000(ナビダイヤル)
  (注)一部のIP電話からは03-5363-3013
  海外からは、(+81)3-5363-3013

3. 申請窓口

(1) 在ダナン日本国総領事館 領事班
   所 在 地: Floor 4-5, Lot A17–18–19, 2/9 street, Binh Thuan Ward, Hai Chau District, Da Nang City, Viet Nam
        ※領事窓口は4階からご入館下さい。
   電話番号: 0236-3555-535(休館日の御連絡は、コールセンターに転送されます。)    
   Eメール:  ryoji-danang@xu.mofa.go.jp
      

   
業 務 日 月曜日から金曜日
(祝祭日等は休館日となります。休館日の一覧はこちら
業務時間 ビザ申請の受付 午前8:30~午前11:30
結果の交付 午後1:30~午後 4:45

(2) 代理申請機関
       当館は、一定の条件を満たす当地旅行会社及びビザ申請代行会社を、ビザ申請の代理申請機関に指定しています。(御利用に際しては、各社が定める手数料等が別途発生します。)。代理申請機関のリスト等はこちら

【注意】
1 当館は、偽造書類の提出や虚偽の申請には厳しく対処しております
2 申請書類等を郵便やEメール、FAX等で送付することはできません
3 人道上の配慮が必要な案件を除き、ビザの早期発給はできかねます
4 審査の進捗・結果等に係る個別の照会には応じておりません
5 ビザ発給が拒否された場合、当館が具体的な理由を開示することはありません。
 

 

関連リンク(法務省出入国在留管理庁HP)

○ 外国人との共生社会実現に向けたロードマップ
  https://www.moj.go.jp/isa/policies/coexistence/04_00033.html
○ 外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策
      https://www.moj.go.jp/isa/policies/coexistence/nyuukokukanri01_00140.html
○   外国人生活支援ポータルサイト(各言語版)
     https://www.moj.go.jp/isa/support/portal/index.html 
○   日本に入国された外国人のみなさまへ ~新規入国者向けガイダンスページ~(各言語版)
      https://www.moj.go.jp/isa/about/guidance/language.html 
○   生活・就労ガイドブック(各言語版)
    https://www.moj.go.jp/isa/guidebook_all.html